ストレージ(HDDおよびSSD)について

ピクト缶
目次

ストレージ・デバイスとは?

現在のストレージ・デバイス(StorageDevice:以下「ストレージと略す」)の主流はハードディスク装置(HDD)およびフラッシュ・メモリ装置(SSD)である。

一般的には、サーバ等にはHDDが多く使用され、パソコン等にはSSDが標準的に使用されている。

サーバやパソコンなどは一般的に約5年間で入れ替えられる(replace)ことが多い。

人間に例えればサーバの頭脳でありパソコンの頭脳ともいえるHDD/SSDには膨大な情報・重要な情報(Information)が蓄積されている。

したがって、サーバやパソコンなどのリプレース時には組み込まれているストレージHDD/SSDの情報セキュリティには十分注意する必要があり、それぞれのストレージの特徴と相違などを理解する必要がある。

HDDの歴史は約70年と非常に長いが、一方のSSDは市場に普及して未だ約10年程度であり新しいストレージである。

しかし、近年の信頼性やビッグデータ対応が求められる主にサーバ用他のHDD市場規模は約2~3億台に減少しつつある、一方のSDDの出荷台数は小型軽量・携帯性の特にノートパソコン用に最適のストレージとして急増し約3~4億台の年間出荷台数である。

しかし、近年の両製品の技術開発および市場の動きは早く大きく変化しつつある。両製品は現在も、記憶容量(GBやTB)も転送速度(Megabyte/Sec)も装置サイズ(インチ)他の機能・性能の進展が続いている。

ストレージの基本

HDDおよびSSDのストレージの構造・しくみは大きく異なる。

  • HDD(Hard Disc Drive)

HDDには磁気的にデジタル・データ(2進数の0/1から構成される)が記録されます。

HDDの内部には3.5インチ(または2.5インチ)の大きさの円板(Platter)が組み込まれており、高速(例:毎分10,000回転)で回転してデータの読み書きが行われる。

機械的・電気的・ソフト的にも高度な技術が組み込まれたメカトロニクスの粋といえる。

特に大容量化(例:3.5インチ型20TB HDD)には適する。

  • SSD(Solid State Device)

SSDには一般的には複数のメモリ・チップが組み込まれており、データの記録は高速に電気的(電子・電荷)に行われます。

SSDの場合には、HDDと異なり内部にも可動部分は無く、デバイスの小型軽量化にも適している。

特に、高速化(例:M.2(NVMe)SSDの5000MB/Sec)には優れている。

ストレージのデータ消去・破壊

サーバやパソコンの入れ替え(Replace)にともない、ストレージHDD/SSDをリユース(Reuse)またはリサイクル(Recycle)する場合には、各種のデータ消去やデータ破壊の方法を用いて情報漏洩防止を行うことが必要となる。

データ消去やデータ破壊に関する一般的な注意事項について以下にまとめる。

(1) サーバやパソコンをリースやレンタル形式で使用している場合には、再度使用ができることが必要であるが「完全なデータ消去」が求められる。内蔵のHDD用には上書き消去(代表例:NIST/NSA消去方式)が、またSSD用にはコマンド消去(代表例:SecureErase/Sanitizeコマンド)を使用するのが一般的である。

当社のデータ消去対応商品例として、各種のJetEraser/JetCopier製品およびDataSweeper3製品などがある。 → 【JetEraserなどの写真挿入を。】

(2) 一方で、買い取り方式で導入したサーバやパソコンの場合には、組み込まれているストレージHDD/SSDの物理破壊をすることが一般的である。

物理破壊を行う場合には、HDDの内部にある複数枚の記録面(Platter)に4穴を穿孔して破壊する方法が一般的であり、SSDの時には内部に複数のメモリ・チップ(MemoryChipu)を破砕して破壊する必要がある。

当社の物理破壊に対応した商品例として、StoragePuncherシリーズの製品があります。

注意事項: 

(1) サーバ/パソコン用にHDDが主流で使用されていた場合には、磁気消去装置がデータ破壊用の装置として多く使用されたが、HDDに加えてSSDが多く使用されている現在では「磁気消去装置はHDDのデータ破壊には対応しているが、SSDのデータ破壊はできない。」

したがって、SSDのデータ破壊用には物理破壊装置を使用することが一般的である。

(2)総務省発行の情報セキュリティガイドラインでは、「マイナンバ情報の含まれているストレージHD

D/SSD等は物理破壊処理を行う」ことが規定されている。

【総務省のガイドラインを抜粋 掲載】

                                                         以上

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次